1. トップ
  2. こだわり

COMMITMENTこだわり

栽培のこだわり

けんちゃんは観光農園立ち上げにあたり、こう思いました。

「おいしいだけでなく、何かプラスαのあるいちごを作りたい…」と。そこで、おいしいだけではなく、けんちゃんならではのいちごを作ることに決めました。

その思いを胸に、10年以上の試行錯誤の中で出合った、FFCパイロゲンとノニ農法は、けんちゃんのいちごの栽培には欠かせないものとなっています。FFCパイロゲンとノニを取り入れてからは、糖度が格段に上がり、いちごの平均糖度である9~12度を大幅に超え、最高では17.5度を記録するまでになりました。また、天然由来の有機肥料や、ヤシ油・デンプン等の安全性の高い農薬を使用しています。

お子様からご年配の方まで、どなたでも安全に食べられて、健康に役立ついちごを栽培することが、イチゴ屋けんちゃんの一番のこだわりです。どのいちごも自信を持って提供していますので、是非、召し上がってみてください!

FFCテクノロジーについて

イチゴ屋けんちゃんでは、FFCテクノロジーによって生み出された「FFCウォーター」を使用し、イチゴの栽培をおこなっています。「FFCウォーター」は、生命を育む働きをもつ水です。現代の水環境は「酸化型」に偏っているといわれ、生命を育む力が抑制されています。FFCの働きによって水の酸化と還元のバランスが整い、生命・自然・環境を蘇生の方向へと変えることが可能になります。FFCは水を活性化させるので、FFCを含んだ水であるFFCパイロゲンを使うことで、土壌にも良い効果を与えることができます。FFCを含んだ土で栽培されたいちごにも、FFCの成分が吸収されます。

FFCテクノロジー活用現場レポートはこちら

ノニ農法について

ノニとは、赤道付近の熱帯地方に群生するフルーツです。

ノニには多くの成分が含まれており、特に注目した成分は、「イリドイド」という成分で、老化物質(AGE)を抑制する働きがあります。その他にも、「ノニ」には、植物最多といわれる140種類以上の栄養成分を持っています。ローヤルゼリーの4倍・アロエの2.3倍以上の栄養素があるといわれ、他の植物よりも毒を無毒化する働きが強い植物です。

イチゴ屋けんちゃんのイチゴは、ニジュースを使用した自然栽培で育てています。ノニジュースの希釈液を散布する事で、ノニの含むミネラルなどの140種類以上の栄養成分が農産物に吸収されます。そうすることで農産物の葉や根が活発に働くようになり、収穫量の増加・栄養も豊富・味と旨味や糖度が増します。また、ノニ農法には、農薬の解毒作用もあり、安全性においても効果的が期待できます。

イチゴ屋けんちゃん農場
山口駅・新山口駅から共に車で約20分

〒753-0213 山口県山口市上小鯖1088の近く

*農場に住所がございませんので上記近くの電光掲示板を目印にお越しください。

開園時間 9:00~15:00
定休日 月・金曜日(月曜が祝日の場合は営業)